無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

生活(仮)/King&Prince
毎日終わった仕事に疲れ家路につく
電車でぼんやり眺める景色は過ぎていく
君に会えたら それだけでいいのにな

見慣れたはずの部屋の中が
輝いて見えるなんて魔法のようだ

君のただいまの声 良い日になったのかな
いつまでもその笑顔を見つめていたいんだ
素直に言えないから愛を込めて花束を贈るよ


二人の時間が減ってすれ違う日々の中
僕らはぼんやり流れる季節を過ごしていく
でも君がいるから生活が彩られる

喧嘩した後空いた距離も
愛しいって思うなんて魔法のようだ

君のおやすみの声 明日も聞けるかな
いつまでもそばにいたい いさせて欲しいんだ
素直に言えないからせめて今は寄り添って眠ろう

出会った頃 こんなにも 大切に想うなんて
少しも思わなくて いや 少しは思ってたかな

心から愛してるよ いつか観た映画みたいだな
いつまでもその笑顔を見つめていたいんだ
これからもずっとずっと一緒にいさせてよ なんて
素直に言えないから愛を込めて花束を贈るよ

ららら…