無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7
センラ
なぁ…出えへんの?
あなた

あ、で、出るよ?



待って…月嶋って誰知らんいやほんとに知らんねんていや無理やわ怖い無理やって怖いってぇ!!!(早口)






覚悟してでるか……
あなた

…センくん、なんかあったら助けてな?

センラ
いやそれはもちろんやけど…なんd
あなた

あ、もしもし〜

センラ
えぇ?!
志麻
《あ、志麻です〜》
あなた

〜〜!(声にならない叫び)

志麻さぁぁぁぁぁぁ?!?!?!




ガダンッゴッッガタガタガタゴゴゴゴゴッッ(椅子から落ちて身体ぶつけてる音)





やばすぎる…なんやこれ…え?




え?え?待って無理、ん????
志麻
《ちょっとあなたちゃんにお願いがあってな…ってあなたちゃん?どうしたん?なんかめちゃくちゃ物音聞こえるけど…》
あなた

あ、だだだだだ大丈夫です!
どうしました?

志麻
《……なぁ…なんで敬語なん?》
あなた

志麻
《へ じゃないわ!
いつも通りでええねん、いつも通りで!》


いつも通りってどんなんだっけ…






そんなん知らn
うらたぬき
《まーしぃーだめだよ。こいつ俺のことも最初うらたさんって言ってたんだからな》
あなた

うr…わたる?!

志麻
《え?!まじぃ?!それはやばいなぁ〜》
あなた

あ、あの…いつも通りってなんd……だっけ?

志麻
《は?志麻さm》
うらたぬき
《志麻くんだよな?
ま〜しぃ〜??????》


なんかうらt……わたるの声色変わって志麻くんの声がなんか変わった気がするんやけど……









ま、気の所為か!←