無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3
浦田くんて誰やねん。





お母さんからちょっと教えてもらって浦田 渉って分かったけど知らんわそんなん。




てか可笑しない?




なんで私が目指してた大学に入ってんねん。


しかも11年前に戻ってるって可笑しいやろ!
あ、あなた〜
待ってこの声聞いたことあるんやけど……
あなた?なにぼーっとしてんの?


待って待って…待て待て待て???








浦田くんて…うらたさんやん!!
うらたぬき
おーいあなたーおーい
あなた

はい!どうしました?!

うらたぬき
お前なんで敬語なんだよ‪w
あなた

それはうらたさんが年上だからですよ?

うらたぬき
は?何言ってんのおまえ。
俺ら同い歳じゃん
あなた

へ?

 同い歳……???







同い歳とは(哲学)
うらたぬき
それにうらたさんってなんだよ‪w
いつも通りでいいじゃん
あなた

グハッ……(白目)


かわいいっっっっ(萌死)









あっぶないわぁ〜悶えるとこだったわあっぶな〜←←
あなた

いつも……なんて呼んでたんやろ…

うらたぬき
お前…ほんとに大丈夫か?
渉って呼ばれてたぞ〜
あなた

あ、りょーかい

うらたぬき
ん、じゃ行くか〜大学。
あなた

あ、そうやん。忘れとった‪w

うらたぬき
さすが馬鹿‪w












その日の夜___

いや、めちゃめちゃ嬉しいんよ?




うらたさんともなんか知らんけど会えて、名前で呼ばれて…しかも親友っていう地位におったからこれ以上の幸せはないって感じなんやけどな……???





もう1人問題が増えてん。












センラ
あ、あなた姉さん久しぶり〜!
センラやで!!
あなた

は?



なんでセンラさんまでここにおんねん!!