無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1
あなた

ねぇ待ってかわいすぎひん?は?え?は??やばすぎません?え?現役女子よりも謎に料理できんのなんでなん?え?リーダー尊すぎるやん!!

来栖 麻耶
《ちょっとあなたうるさいんだが‪w》
あなた

仕方ないやんけぇ!!
あーーほんま尊い……私死んでもええわ…

あなた

NoUratanukiNoLife

来栖 麻耶
《発音よく言うな‪w‪w‪w》


あぁぁぁ今日もうらたさんかわええなぁ!!!








うらたさんのおかげでいつも頑張れてます。



うらたさんは神!天使!すき!←



でも……
あなた

でもな…?
もっと早くに出会ってれば良かったなってたまに思うんよ…

来栖 麻耶
《あーあなた3年前からだもんね…》
あなた

うん…

あなた

あれっ…?



時計が動いてない……








まさか壊れた…???
あなた

まややん〜どうしよ…時計壊れたんやけど…

来栖 麻耶
《え、うそまじ?》
あなた

あぁぁもうなんやねん!
時計は壊れる、推しにも早く会えへんなんてもう嫌やぁ〜

来栖 麻耶
《まぁまぁ‪‪w》
あなた

まぁまぁちゃうわ!‪w‪w

来栖 麻耶
《あ、もうご飯の時間だ》
あなた

じゃ、この辺でお開きにするか!

来栖 麻耶
そうね!
あなた

んじゃ、また明日学校でな〜!

来栖 麻耶
《はーい、ばいばーい》
あなた

ばいばーい

《プツッ……》
あなた

あぁぁぁもうなんで時計壊れんねん……



まだ京都に住んでた頃に優しい親戚のお兄ちゃんに貰った大事なものなのに……







名前は…忘れたけど、、、、






とにかく優しかったなぁ…
あなた

はぁ…推しにも早く会えへんし…

あなた

本当に嫌なことしかないやん……

あなた

せめてほんまうらたさんのデビュー当時に戻りたいわぁ…



…ん?








なんかさっき時計光った…??

あなた

…っ!!



あれ…?なんか、、、







吸い込まれ……る、、、、