無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

10
あなた

え、そんなん一択に決まっとるやんか。

センラ
え…?何を言うてんねん…



おうおう、めちゃくちゃ怪しんどるなぁ〜‪w












私も冷や汗止まらんわ←
あなた

声が似とる。てかあんなんまんま、わたるやん。

センラ
ほぇ?

え、なんやそれかわええな









ほぇ?なんて言うてみたいわ本間。






ってちゃうちゃう、!
あなた

だから、声がまんまわたるなんやて。

あなた

あ、でも安心しぃ?わたるには応援してるって言うつもりないから。ただの親友、ただの推しとリスナーの関係、それだけやから。

センラ
そっか…安心したわぁ〜ありがとなぁ!
センラ
でもなぁ…秘密じゃ面白くないやろ?
あなた

は?










あなた

……センくん、、、それはさすがに馬鹿やで

センラ
な、なんでぇ?!

私が実はうらたさんの活動のことを知っていてそれのドッキリをするということを話された。










うん。やだ☆



ふっつーにかんがえて無理やろ?








センラさん頭おかs((((((殴
あなた

だって…わたるそれ知ったらやばいと思うで?
それに私そういうドッキリ趣味ちゃうし…

センラ
えぇ〜いーやんかぁ〜!
俺の友達にも声掛けるからぁぁぁ
あなた

えぇ…



なんでそこまでしたいんかわからへんねん…
















……うん、分からへんわ←
あなた

なんでそこまでしたいん?

センラ
…うらたんが驚いてる顔みたいんやもん
あなた

ヴ”ッ……(萌死)




はぁセンラさんかわええ……かわええ!!!!







もうこんなんやるしかないやろ!!(ちょろい)