無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11
センラさんの話によると“坂田”って方が明日私の家に来るみたい。







……なぁ悪い予感がするのは気の所為やんな?












次の日____

《ピンポーン…》
あなた

はーい

げ、やっば……





今手が離せないんやけど…(新聞読んでる←)
あなた

センくん、ちょっと手離せへんから出てくれへん?

センラ
ええよ〜!
《ガチャッ》
__!
センラ
_____。
_____。
センラ
__!

《ガチャッ…》
お邪魔しまーす!
センラ
あなた姉さん坂田連れてきたで〜
あなた

あーちょっと待ってね…よし。

あなた

あ、さk………え?

坂田
初めまして!
坂田 優です!
センラと同じ高二です!



いや、坂田さんやないかい。









え、私…明日死ぬ?




死亡?ぽっくり逝く?
あなた

……っえぇぇぇぇ?!?!

坂田
うわぁっ…!
センラ
いやそれびっくりするからやめてや〜!













センラさんに宥められて大分落ち着いたけど…










なんかめっちゃ疲れた、、、
あなた

あ!そろそろ大学行く時間や

センラ
俺達はあなた姉さんから連絡くるまで家で待ってますね〜
あなた

了解!
あ、変な事せんでな?

坂田
分かってますって〜!


いやそう言う貴方が1番不安です←
あなた

じゃ、行ってきます!

センラ
いってらっしゃ〜い
坂田
気ぃつけてくださいね〜!

《バタンッ》

よし。


あれ…えっとこれから何やるんだっけ←





んと…まずは……
大学終わったらわたると私の家に来ればいいんだよね?センくんと坂田くんには隠れててもらって……それでわたしの部屋に来てもらって、最近ハマってるものを話して…最後に2人とーじょー!で私がリスナーであることを明かす的な流れよね!うん!








うらたさ…いや、わたるを驚かせよう作戦開始!!