無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
センラside___


あのすみません。誰かあなた姉さんを止めてください。






















あなた

ぎゃー!!!何?!何?!えっど!えどすぎる!!あ”ーーーー!!次はかわい!!え!かわいい!!なんでこんなかわええんや!!!!!性別交換しません?!えっえっ好き!!!!無理好き!ああああああああぁぁぁうらたさぁぁぁぁぁん!!!!!

センラ
……。
あなた

うらたさっ…グスッ…好きすぎるぅ…グスッ…

センラ
えぇ?!そんな泣くほどなん?!
あなた

ううっ…グスッ……そりゃそうでしょ〜(泣)

これは……うらたんも相当大変やなぁ〜













大学の親友が生放送にも来てくれて、こんなに好きでいてくれるなんて知ったらどんな顔するんやろ。










あぁ〜なんかイタズラしたなってきたわぁ〜‪w










今度、アイツ誘ってあなた姉さんとうらたんのとこ行こ〜
あなた

あぁぁぁうらたさぁぁんずぎだよ”〜(泣)

センラ
あなた姉さんとりあえずこれで涙ふき?
あなた

…グスッ…ん、ありがと…グスッ…

落ち着いたみたいやし……








あなた姉さんに暴露しますか〜




ここも重要やな。
センラ
なぁ
あなた

ん?どしたん

センラ
そのうらたさんって方な、あなた姉さんの親友の人やで
あなた

……。



ん?







なんで黙ってるんやろ……

センラ
あなた姉さn
あなた

ンなこと知っとるわァあほ!!!

センラ
えぇぇぇ?!
あなた

『えぇぇぇ?!』ちゃうねん!!
私が本間にたまったま知ってたから良かったけどな!全く知らない子にんな事言ったらどないなことになるかわかっとんの!?!?本間に…うらたさんに迷惑かかったらどうすんねん!!!

センラ
……。(ポカーン)




あなたside___


あっやば……










キレてしもた……








だってそないなこと言うたら危ないやん?








私は間違ったこと言ってへんから大丈夫や。







……大丈夫やんな?←
センラ
いやそれは考えとらんかった本間にごめん。
でもな…?
センラ
なんであなた姉さんがうらたんの正体知ってんねん。
あなた

あっ……(白目)




やっばぁ……




墓穴掘ったわぁ、、、、、、