無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2
あなた

……ん

お母さん
お母さん
ちょっとあなたー?
はよ起きてー!!
あなた

ふぁ〜い…あぁークソねみっ

あなた

なんやったんやあの光…



知らんけど…





まぁ変な所に飛ばされるとかやなくて良かったわぁ…
あなた

あ、お母さんおはy…?!?!

お母さん
お母さん
あなたおはよう
そんな驚いてどうしたん?
あなた

え、なんか若くなったんちゃう?!

お母さん
お母さん
あらやだ何言うてんの!もう!!
嬉しいこと言ってくれるやないの〜!
あなた

あ、う、うん…



どういうことやねん……








お母さん確実に若くなってる。


最低でも10歳は若返っとるし……









絶対に何かおかしい…
あなた

ね、ねぇお母さん、今2000何年なん?

お母さん
お母さん
はぁ?何言うてんのあんた頭でも打ったんちゃう?2009年やんか。
あなた

え…


2009年?!?!









え、まさか私……タイムスリップした?!?!
お母さん
お母さん
ほらもうあんた早く準備せんと…大学遅れんで?
あなた

な、なに言うてんねん、私高2やろ?

お母さん
お母さん
はぁ?ほんまに頭打ったんちゃう?
あんたは◯☆大学の2年やろ、?
あなた

は?

お母さん
お母さん
もー…あなた、ぼーっとせんといて!
うらたくん来るで?
あなた

う、らたく…ん??

またまた知らん名前出てきた…










うらたくんて誰や!!!