無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

20
人混みをかけ分けて彼の元へ急ぐ。









やっと着いた……。。
うらたぬき
あなた……?
あなた

…わ、たる…??(小声)

うらたぬき
え、?あれ?違った…?
うらたぬき
浦瀬 あなた、だよな?
…………。











…っわたるだ!!!



そう思って思わず彼に抱きつく
あなた

わたる…っ!

うらたぬき
うぉっ!とあっぶねぇな…
あなた

…っうぅっ…会いたかった……

うらたぬき
俺も…。
…つーかお前何勝手にいなくなってんだよこの馬鹿!
あなた

はぁ?!
しゃーないやんけ!朝起きたらこっちに居たんやし!

うらたぬき
もうほんと心配して損したわ!!
あなた

え?心配してくれたん?

うらたぬき
…っし、てねーよ
あなた

照れなくてもええのに〜

うらたぬき
…うっせ!


あ、そういえば………

あなた

…でもなんでここに?
っていうか何しに来たん?

うらたぬき
かくかくしかじか
あなた

ほぉ〜
え、そのサークルの人達凄すぎひん?

うらたぬき
それな?
……あのさ…おr
うらたーーーん!!!
うらさーん!!
うらたさん!!!!

……え???





なんかこの声どこかで…ってわたるの顔こっわ!!


こりゃ怒ってんな。





……ご愁傷さまです←←←←