無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8
あなた

あ、で、なに?これから私忙しいんですけど〜

センラ
え、さっk
あなた

ん”ん”っ!!!

センラ
あっ…
志麻
《課題教えて欲しいんよ…だめ?》
あなた

えぇ…
やだって言ったら?

志麻
《問答無用でショーパン履いてもらう》
あなた

うん、教える☆(白目)

志麻
《わーありがとう!
あなたちゃん好きやでー!》
あなた

…で、どこが分からんの?

志麻
《え…無視された…つら()》
あなた

……電話切るで?

志麻
《あぁごめんて!ごめんて!!》
志麻
《あ、でな?
ここがわからんねんけど……》
あなた

《ん〜?あぁ…ここはな?…………》












志麻
《あ〜!分かったわ!
ありがと〜!》
あなた

分かったみたいで良かった!

志麻
《今度お礼にデートいk》

《ブチッ…ツーツーツー………》
あなた

……よーし!曲聴くぞ〜!

センラ
…っえ、あなた姉さん大丈夫なん??
あなた

ん?あぁ大丈夫!
危険な匂いがプンプンになってたから切っただけやし!問題ないやろ!



うん。




私の言ってることは間違ってへん。







大丈夫。うん、大丈夫や。


てか待って思った。










私なんで高二やったのに大学の課題解けんねん









え…何こっわ←