無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

6


今センラさんに勉強を教えてまする









一言言わせて。




かわいい(断言)
あなた

ここはな〜こうやって解くんやで?

センラ
ん〜こう?
あなた

そう!
やっぱりセンラさんは天才やなぁ…

センラ
あなた姉さん、さん付いとる
あなた

あっ……(忘れてた)













センラ
勉強教えてくれてありがとうな〜
あなた姉さんはこれから何するん?
あなた

私?私は大学の課題を世界一早く終わらせて推しの曲を聴きまくる。

センラ
ほ、ほ〜ん


まてまてまて、





なんだ







ほ、ほ〜ん




ってなんだ。






え、こっわ(?)
センラ
勉強見てちゃダメですか
あなた

へ?
まぁええけど‪w

あなた

なに?どしたん急に‪w

センラ
いや…何となく
あなた

ほ、ほ〜ん

センラ
ちょっと!!
ほ、ほ〜んってやつ取るなぁぁ!!
あなた

取ってもええやん!
てかうっさいわ‪w‪w‪

センラ
だってぇ〜


ま、センラさんは置いといて((((え


勉強しますか。









あなた

あぁぁぁぁおわったぁぁぁぁ!!!!

センラ
びっっくりしたぁ…ほんとやめてや心臓に悪い
あなた

あーごめんごめん‪w


《プルルルルッ…プルルルルッ…》
あなた

ん?

あなた

センくんの?

センラ
いや?
あなた姉さんちゃいます?
あなた

あ、ほんまや



…月嶋………???












え…誰?