無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

113
2021/08/15

第9話

🧸‪𓂃 𓈒𓏸◌‬
ジニ
ジニ
はぁ〜…疲れたぁ〜…
宿舎に帰ってきた俺達。
体は動かしてないのに、ものすごく疲れた。
(なまえ)
あなた
あ、地下行っていってきます。
ジミン
ジミン
練習?
(なまえ)
あなた
はい、振りは入ってるけど
微調整したいなって。
ホソク
ホソク
そっか。フォーメンションも微調整が
終わってからでいいか。
(なまえ)
あなた
じゃあ、行ってきます。
地下ーー
スマホとスピーカーを繋げて音楽をかけた。
踊る曲はメドレー以外のもの。
微調整っていうのは口実で本当は1人になりたかった。なにか考える事があると体を動かしたくなる。
1曲目どうしようかな…激しいのがいいんだよね…
あ、"ON"にしよ。
練習する時は動画を撮る。その方が調整しやすい。
ピッ
〜♪♪ 가져와 Bring the pain oh yeah( 持ってきて その痛みを)
올라타봐 Bring the pain oh yeah( 昇っておいで その痛みを持って)
Rain be pourin’( 雨は降り注ぎ)
Sky keep fallin’( 空は落ち続ける)
Everyday oh na na na
가져와 Bring the pain oh yeah( 持ってきて その痛みを)
とりあえずサビを踊って録画を止める。
あ、もうちょっと足上げた方がいいかな…
じゃあ次は…ん〜…
動画を見ながら、細かい動きを確認していたら、
照明がチカチカしだした。
(なまえ)
あなた
ねぇ、待って…ほんと無理…
チカチカしてた照明は、プツンと切れた。
(なまえ)
あなた
っ…!!!!
スマホを手に持ってたのが不幸中の幸いだった。
ライトをつけて、チミナオッパに電話する。








いくら電話をかけても出ない。
(なまえ)
あなた
なんで出ないの〜…🥺
私の涙腺は崩壊してた。
(なまえ)
あなた
オッパ〜…グスッ
助けて…ヒック…グスッ
その場にしゃがみこんで、誰かが来るのを待った。
まだこの部屋が普通の部屋なら良かった。
けどここはダンスルーム。壁に大きい鏡がある。
余計に怖くなって、気絶した…(え
一方その頃……
ジミンside
あなたがダンスルームに行った数分後、イタズラ好きなテヒョンがなにか企んでいた。
テテ
テテ
ねぇ、ジミナ
ジミン
ジミン
ん?
テテ
テテ
あなたにイタズラ仕掛けようと思うんだけどさ、どう?w
ジミン
ジミン
はぁ?
正直呆れた。あんな可愛いあなたにイタズラなんて…
ジミン
ジミン
一応聞くけど、
どんなの仕掛けるつもりなの?
テテ
テテ
ん〜…あ!
ダンスルーム停電ドッキリ!!
ジミン
ジミン
はぁ〜…ダメ。
テテ
テテ
え、ダメ?
ジミン
ジミン
ダメに決まってるじゃん。
テテ
テテ
そうかなぁ…
グク
グク
何がダメなの?
ジミン
ジミン
うわ!ってなんだジョングガか…
グク
グク
ねぇねぇ、何がダメなの?
さっき話した事を、テヒョンが一生懸命説明した。
すごく真剣そうに…
グク
グク
へぇ…でもあなた泣いちゃったら
どうするの?
テテ
テテ
そこは俺がかっこよく
テ:大丈夫か!?
あなた:オッパ怖かった〜グスッ(マネ
テ:俺がいるからもう大丈夫だよ(キリッ
って助けて、俺の好感度があがr…
ジミン
ジミン
ストップ!!
テテ
テテ
え?
グク
グク
え?じゃなくてそこは僕が助けるから。
ジミン
ジミン
ジョングガ、違う。
グク
グク
え?
ジミン
ジミン
もし仕掛けたら、あなたは泣く。
それで誰かが、助けたらヒョン達があなたに言う。それで俺たちの好感度は
テテ
テテ
好感度は…?
グク
グク
好感度は…?
ジミン
ジミン
……











下がる。
グク
グク
それは嫌だ!!
テテ
テテ
俺も嫌だ…
ジミン
ジミン
だろ?だからやめとけ。
テテ
テテ
分かった…
ジミン
ジミン
よし…
…ん?あれスマホどこやったっけ?
グク
グク
ヒョンのスマホなら
あっちの机にありましたよ?
はい、どうぞ。
ジミン
ジミン
ありがと。
ん?
カトクの通知で5回以上あなたから着信があった。
かけ直してみるけど電話に出ない。
グク
グク
なにかあったんですか?
ジミン
ジミン
いや、あなたから電話来てたんだけど
かけ直しても出なくて…
なんか嫌な予感がして、レッスンルームに走った。
グク
グク
ヒョン!?
レッスンルームのドアを開けて入ると真っ暗だった。
スマホでライトをつけて、辺りを見渡す。
ジミン
ジミン
あなたっ!!
倒れているあなたがいた。