無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

2日目ー午後ー

蒼葉が立方体から脱出したことで
白の空間の中の立方体から全員が脱出した。

すると、またどこからかスクリーンが投影され

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ.゚+.全員脱出おめでとう.+゚.

ㅤㅤㅤ 君たちが脱出を果たしたということは
全員が勇気を出して1歩踏み出したということだ

しかしこれはただのきっかけの1つにすぎない
人が変わるためにはきっかけとなる起爆剤が必要だ
君たちが変わるかどうかはこれからの君たち次第

これからも辛いことはあるかもしれない
けれど、仲間がいることは忘れないでほしい

ㅤㅤㅤ君たちの成長と、輝かしい未来を祈る


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そしてそのスクリーンの向こう側に
今まで見えなかったはずのドアが見えた

「なにこれ、人の事閉じ込めておいて」

と言いながら裕翔は笑う

「それ思った、上から目線だし」

と蒼葉がぼやくと、拓磨が笑顔で

「でもさ、なんか勇気ってゆーか頑張ろって思う」

それに大きく首を縦に振ってから清香が
みんなのことを見回しながら

「そうだね、ここからが本番だもんね」

「うん…!私頑張るよ」

「私も、自分をさらけ出せるようにならなきゃ」


そしてみんなでお互い目をしっかりと合わせて

『それじゃあみんな、元気で』


そういって6人は、ゆっくりと扉を開けて
白の空間から飛び出して言った



ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ______END