無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

2日目ー午前ー

2日目、昨日の朝のように悲鳴をあげる者は
いなかったものの、決して空気は明るくなかった。

それもそうだろう、2日目が来てしまったのだから
これは夢 という希望は消え失せたのだ。

それに、硬い立方体の中で寝たためか
体の至る所が鈍く痛む。

裕翔はぐぃーっと手脚を伸ばして1つため息をつくと一言。


「おはよう。」


そう声をかけたものの、しっかりとした
返事は少なく、ほとんどが軽く会釈する程度だ。


絶望____。


その言葉がピッタリだ。
昨日はずっと出るための手段を探したのに
収穫なんてものは一切無し。
おまけに夢オチの希望も消え失せた。


これには流石の拓磨もこたえたようだ。


と言っても裕翔自身も希望なんて
一欠片ももてていなかった。