無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

学校に٩(・ω・)วlet's go!
『o。.(  ´O`)〜〜ふわぁ……』

な「お、あなたオハ(∩・∇・∩)ヨォー」

『なーくんおはよ(*ˊᵕˋ*)』

お弁当の中身何にしようかなー?

な「俺、みんな起こしてくるよ!」

『そう?ありがとう(✿´ ꒳ ` )』

な「あ、じゃ、じゃあ俺行ってくるね!」

タタタタタ

『朝ごはんとお弁当作ってこなくちゃ!』

なーくんside

な「ジェルくーん!朝だよー!」

ジェ「んんー……あと5分……」

な「(´д`)はぁ、じゃあいらないね?あなたの手作り弁当」

ジェ「さーあ起きようかな〜、あ、なーくん(˙◁˙)ノぐんもーに☀️」

な「あ、う、うんおはよ」

あなたのお弁当の威力すごいな……

こうしてみんなを起こしていった

あなたside

『さぁ!みんな来たし、ご飯にしようか!』

みんな「(๑´ڡ`๑)いただきます!」

ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹" ŧ‹"

すとぷり「( ゚д゚)ンマッ!」

『(´>∀<`)ゝ))エヘヘ(*´▽`人)アリガトウ♡』

ご飯食べ終わり……

『さ!学校行こ!』

すとぷり「そうだね!」

学校到着ー

『ね、ねぇ( ´ 。•ω•。)っ私達目立ってるよ……?』

ジェ「(゚ν゚)イイジャン俺達がかっこいいってことだろ?」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

という……学校生活大丈夫(´・_・`)カナ-







今日はここまでです!

次回で会いましょう!

‪(꜆꜄꜆˙꒳˙)꜆꜄꜆ オツオツオツオツ‬