無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ほんっとにごめんなさい💦あと本編です
皆さん更新遅くなり申し訳ございません(´;ω;`)
熱のためしばらくお休みさせて頂きました……その代わり、頑張って投稿するので、これからも読んでくれると嬉しいです!

ー本編ー

『ねぇ……瑠雨くん』

る「はい?どうしました?」

『どうしてこんなに汚いの……?』

る「あーえーっとそのー……誰も掃除をしようとしなかったからです……」

『……もう耐えられない!』

る「あなたさん!?」

『もー!なんでこんなに汚れてるんだか!』

お掃除中ー

『ふぅー綺麗になった〜』

莉「すげぇ……!」

る「すごいですね!」

こ「まぁ、少しはすごいんじゃない?」

莉「またまた〜ツンデレだなーころちゃんは」

こ「はぁ!?ちげーし!」

?「なにー?うるさいんだけど……?」

る「さとみくん!起こしちゃいましたか?」

さ「ううん?大丈夫……ってその子だれ?」

さ(かわいいな……胸もあるし)

莉「あなた?今日から一緒に住むんだよ!」

さ「!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?」

『よろしくお願いします┏●』

な「なにー?さとみくんー?」

ジェ「なんかあったんかー?」

『え……まだいるの……』





今回はここで終わりです!ネタ提供してくれると無能な猿が、飛んで喜びます
それじゃあ次回あいましょう!

おつぷりっ!