無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

監禁
プッシューーーーーー






ダヒョン
ダヒョン
バタッ
ユンギ
ユンギ
バタッ
テテ
テテ
バタッ
ジミン
ジミン
バタッ
ウジ
ウジ
バタッ
数十分後
ウジ
ウジ
んー。
ウジ
ウジ
あれ?ダヒョンしかいない
ダヒョン
ダヒョン
…zzZ
ウジ
ウジ
可愛いな。って俺何言ってんの。
俺にはcaratが居るのに
ダヒョン
ダヒョン
んー。
??
自慢のことを話して
ダヒョン
ダヒョン
私は、twiceとしてメンバーとonceに支えられながら活動出来ているのが自慢です!
ウジ
ウジ
それ言ったあとに言ったらなんか小さいことなんだけど肌が白いこと
ダヒョン
ダヒョン
私もです!
て感じで10分後
シューーーーー
数十分後
ジミン
ジミン
んー。
あれ?みんないる
テテ
テテ
ヒョン!
ユンギ
ユンギ
ん。
ダヒョン
ダヒョン
ここはどこでしょう?
ユンギ
ユンギ
前と違うよな
前のところはコンクリートで薄暗い感じだったが







しかし、今いるところは豪華な一軒家だった