無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🐀







私たちが そぷ に湧いている間もサイン会は

通常通り進んでいる。









もうすぐ私たちの番。緊張で吐きそう←






ひ「あなた、準備できてる?」


『メイク、崩れてない?』


ひ「大丈夫、可愛い」


『ひかりも。』









先にひかりが行って



続いて私。








ひ「行ってくる」


『うん..』










緊張して上手く話せない私たちを他所に


ユンギさんはやっぱり世界一輝いてた。








私の目には一番端にいるユンギさんしか

映ってなかったから改めてステージ全体を見渡す。








『かっこいい...』





ただでさえ近いのに、これから 1:1 で話す

王子様たちを前に私は独り言を漏らしていた。












━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



宣伝です!




私この作品めちゃめちゃに好きで

何回も読み直したりしてます... ()

本当に素晴らしいんですよ!!!

言葉遣いが素晴らしくて引き込まれちゃいます🥺🥺

そして!なんと言っても

ばんたんそにょんだんさんのリアルさ!

私も言われたいなあ、、されたいなあ、、

なんてオタク思考全開で楽しめます!


他の作品も全部面白いです多分天才です!

読んで損は無いし読まない方が損なので是非に...






宣伝してもらってから作品の伸びがすごい!
ありがとうございます!