無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第38話

🐀




ひかりが1番左のテヒョンの席に着くと同時に

私は席をたち、ステージに向かった。










最初はテヒョンでその次にジョングク、

昨日も話したしあのふたりは大丈夫だけど...







大丈夫…今日までダイエットだってしたし

ちょっと前に始まったいじめにも耐えてきた。





絶対、大丈夫。










🐯「アンニョーン」


ひ「アンニョーン」


ひかりがテヒョンと別れを告げ、ジョングクの席に移った。







スタッフ「どうぞ〜」

『あ、はい』











もうこうなったら精一杯楽しもう















🐯「あなたちゃーん!!!」


『昨日ぶりですねㅎㅎ』









あれ?意外と緊張しない?大丈夫…かも