無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🐀









?「おい」


『え?』


?「おい 、 こっち来いよ」











バッシャーン






水とバケツが落ちる音と共に

私の体は一瞬でびっしょりになった







『へ?』








私は状況が理解出来ずにその場に立ちつくした








『なんで...?』


女「もう、ゆうとくんに近づくな_」








女「私のっ、私の ゆうとくん を取らないでよ!」



『ゆうとは、ゆうと は〝誰のもの〟とか無いですよね。』


女「お前が気に食わないんだよ。私の ゆうとくん の告白断って、何様なの!?」


『ㅎㅎ、ゆうと、最近変な女に付きまとわれてる って言ってましたよ』


女「変な女?」


『多分あなたのことですよねㅋㅋ』















女「ふざけるな!




















死ね!」










『痛いっ』







私の腕からは出血していて、かかっている水と一緒にダラダラ流れてくる。











女「次、ゆうとくん と関わったらお前を殺す。」























その時から私は人間が苦手になった





















   " 対人恐怖症 "






『もう、誰とも関わりたくない』







学校でも静かになり

私が人を避けるようになって

私の周りからも人がいなくなった