無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

🐀




???「すみません」




『へ?』




変な声出た。










『ン"ンン 、は、はい 』


テヒョン🐯「さっきから僕たちのことよく見てますよね、知ってるんですか?」


『あ...すみません、えっと、、あの 』









ひかりに目で助けを訴えるものの



硬直していて助けてもらえる空気ではない










『えっと....』


ひ「ファンです!」











ひ・か・り!!!!





『あっ、そうですね、えっと。』







ジョングク🐰「ヒョーン!なにしてるんですか?」


🐯「グガァ、この人たち僕らのファンだってㅎㅎ」


『え!ちょ、』


🐰「本当ですか!?ヒョンナンパしてるのかと思いましたよㅋㅋ」





なに?この状況...


BTSの 김태형 と 전정국 が目の前にいて


話しかけられてる











ライブでみているBTSの2人が...



なんで??










🐯「で、誰のファンなんですか?」


『えっ』






これは正直に言っていいやつ?

え、?気使った方がいい?






ひ「私は ホソクさん この子は ユンギさん です」




あー








🐰「日本人?」


『あー、』





私は急いで韓国語に直して話す。


通訳?ㅋㅋ






🐯「僕達じゃないの?🥺🥺」




そんな目で見ないでください()







🐰「僕たち、有名になったね!」









この時、今より知名度は低かったから

私たちみたいな人は珍しかったのかもしれない。

ライブで見たと言っても韓国で開かれている小さいもの。











『私たち、明日のサイン会行きます!』