無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🐀






ピピピピ ピピピピ



『んん...』



ピッ







ついにこの日が来た。




『ふわぁぁぁ...zz』


『ん...あー』


ひ「んん...」


『ひかり、起きて』


ひ「もうちょっと...」


『今日サイン会だよ』


ひ「あー!!韓国!」


『おはよ、』


ひ「おはよ!」








普段なら重たいはずの体を軽々と起こし、水を飲み、顔を洗う。


『んぷはっ、ふう』








着替えを済ませ、メイクをし終わる頃にやっとひかりが動き始めた。









ひかりの準備を待っている間、スマホの写真フォルダーを漁っていると昨日撮ったと思われる写真が1枚。













本当に夢じゃなかったんだ。









私は気が付いたら ユンギさん の写真を眺めていた。








今日、やっと会える。
ライブには行っていたけど、ゆっくりお話するのは初めて。











ひ「あなた!表情管理!」









ユンギさん、今日はよろしくお願いします