無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🐀











ひ『あなたー!!』





そんな中、ひかりは相変わらずの態度で
私に接してくれた












嬉しかった。










温かかった











しばらく人の温かみに触れてなかったから余計かもしれない















ひ『ほーら!あと3日!後、3日頑張れば ユンギくん に会えるよ!』












そんなことも忘れていた







今はそんな気分じゃないや















でも、心のどこかで


ユンギさん に包まれたい



あの笑顔で笑いかけてもらいたい




ユンギさん














助けて__


















って。




「うん、そうだね...!たのしみ」
















" 민 윤기 " という存在が




どれだけ尊くて

どれだけ大切か








気付いたのは
その二日後だった。