無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🐭



5:30に駅待ち合わせだったけど

会場に着いたのは6時前

結構近い



あなた

ひかり...!

ひかり
あなた、並ぶよ




今にもあのBGMが流れそうな雰囲気で

受付へ向かう

と言ってもまだ始まってないし人も少ない
私たちは話も尽きず

気づいたら受付が始まる3分前に



私たちの後ろには人が沢山いる

最初の方みたい、ていうかめっちゃ前










どうぞー!












私たちの戦争が始まった










無事ブース前に並べた
ホソクさん のブースは隣だったけど
私もひかりも大勢の人で埋まってしまい、お互いが見えなくなる

やばい、、鍵開けだ






そんなドキドキも

多分私は顔に出てない

私は感情を伝えるのがあまり得意ではない



ユンギさん とは同じ雰囲気を感じる

だから安心して話せるし楽しい