無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

🐀






ふふっ、笑えてんじゃん。







🐹「あなたちゃーん!」


『はーい!おっぱㅎㅎ』


🐹「僕のこともオッパって呼んでくれるの!?」


『嫌でした?おっぱって言えって言われるかなーって!』


🐹「ヤー!分かってるじゃん!」


『はい、おっぱ』


🐹「ああ、本当にㅋㅋ」


『なんです?ㅎㅎ』


🐹「僕のことも好きになりなよ!」


『やっぱりユンギさんが好きなので...』


🐹「あなたちゃん、チュッ(投げキス)」


『あ~ ㅎㅎずるいですㅋㅋ』


🐹「ワールドワイドハンサムの僕だからね ✨」


『おっぱかっこいいですㅎㅎ』





こんなにもかっこいいジンオッパに惚れないなんて







ユンギさん...何者なんだろ?



















🐹「ヤー!今ユンギのこと考えてたでしょ!」


『えっ...』


🐹「今は僕のことだけ考えててっ!」


『ふふㅎㅎおっぱ分かりました!』


🐹「はぁ、ユンギヤ羨ましいよ本当に...」


『あれ?オッパもユンギさんのこと考えてますよね?ㅎㅎ』


『今は私の事だけ考えてください!』


🐹「あー!!!!本当に!!///行った行った!」


『もう終わりですか?ㅎㅎ』


🐹「また来て!じゃあね!」










ジンおっぱは強制終了...ㅋㅋ






ユンギさんまであと







3人。












???「あなたちゃん」