無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🐭












夜ご飯を食べ終え、布団に入る






ちなみに準備は3日前に完了しており、完璧


















プルルルルプルルルル








『もしもーし』



?「あなたー!ついに明日だよ...!」







この子は ひかり ホソクに一途な女の子







『だねぇ、3回目でも慣れない』



ひ「あなたはやっぱ冷静だねww ユンギさんそっくり」


『えへへ、ありがと』












結局それから15分くらい話して目を瞑った