無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🐀
私が ユンギさん に恋をしたのは5年前

まだ中学生だった私は初めて恋をした





その熱は冷めないまま、高校生へ









?「あなたー!おはよー!」


『お!ゆうと!おはよ!』


ゆうと「今日の体育バスケだよね!得点を多く取った方が、負けた方の言うことを聞く!いいね?」


『いいよwww勝ちます!』


ゆ「っしゃ!決まり!」




女「ゆうとくーん!」


ゆ「おう」


女「こっち来て!」

女2「ゆーとくーん!!」




見ての通り学校一の人気者


ゆうと とは幼なじみでよく遊んでた









『ユンギー!今日もかっこいいね』


ひ「ほんとに ユンギくん 大好きだねwww」


『ユンギ しか好きじゃないので!』






昔はこんな調子だった()









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━












ピーッー!!


ゆうと「っしゃー!!俺の勝ち!」


『でも3点差だよ!?しかも私女だよ!?最後の3p決めれば、、決めてれば、、』


『で?勝者の言うことを聞く、でしょ?なに?』


ゆうと「あー、えっと、俺と付き合って」


『え?wwwwは?wwwいや、むりむりむり』


ゆうと「え?」


『え?』



" は? "







____チッ