無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

🐀
🐯 side







今日、グガと一緒にご飯を食べに来た。





僕達はBTS。


アミにバレないように人気のないお店に入った。








...とは言っても小さな事務所から出た駆け出しのアイドルだからバレるとかの心配はしなくてもいいかなㅎㅎ








お店の中に入ると2人組の女の子がいた。


2人とも綺麗な人だな と思った。






1度席に着いたけど気づいたら僕は2人の目の前にいたんだ。


だって2人とも僕たちのことを見るから。









『すみません』







勇気を振り絞って声をかけた。

2人とも僕たちのファンらしい。











🐰「ヒョーン、何してるんですか?」

🐰「ナンパしてるのかと思いました」





なんて言われたから少しドキッとした。







ナンパじゃない。でも、この人達と話したいと思った。






あなたちゃん と ひかりちゃん、日本人なんだって。





『一緒にご飯食べていい?』
って聞いてみた。



ひ「ぜひ!」
って言われた。












だから今、グガとあなたちゃん、ひかりちゃんでご飯を食べてる。