無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

🐀





朝ごはんを食べに1階へ向かい、席に座った。








ご飯はバイキングだったけど2人とも食欲がわかなかったのか、パンだけ。









ひ「あなたパンだけ?」


『ひかりこそㅎㅎ』


ひ「食欲湧かないね〜ㅋㅋ」


『だね、さっさと食べてオシャレしなきゃだよ』







「『いただきます』」










あっという間に食べ終わり、部屋に戻る。









「あなた!よろしくお願いしますㅎㅎ」


『はーい』







私の夢は メイクさん




大学は専門学校に通いたいと思っていて



今はこうやって友達の髪を巻いたりしてる。







ひ「あなたは可愛くしてくれるから」




って、ひかりはこんな時にも頼んでくれる。








『ん、出来た』


ひ「ありがとー!!あなた天才」


『早くほかの準備して、出るよ』


ひ「はーい」







自分のヘアセットも簡易に済まし、必要な荷物を持って部屋を出る








ひ「忘れ物ない?」


『ない』


ひ「アルバム持った?」


『忘れた。』








私はたまにやらかす。











━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
















嬉しいですありがとうございます😭😭😭

駄作ですがこれからもよろしくお願いします(;_;)(;_;)


新作も作ろうと思っているのでやって欲しいのとかアイディアとかあればください...