無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🐀










『助けてっ...』














私は走ってる








ゴールの見えないトンネルを、全速力で















後ろから追いかけられてる














それは紛れもなく水をかけてきた女





















暗い



怖い



苦しい



止まりたい



走り続けなければ


















殺される







ヤツが来る




















〝 あなた、もう少し頑張れ 〟
















〝 俺が必ず待ってるから 〟