無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🐀









🐰「あはははㅋㅋ」




なんて楽しそうに笑ってるから私もびっくりしちゃった










『な、なにしてるんですか!』


🐯「年下可愛いㅎㅎ」


🐰「ヒョン、あなたちゃんのこと相当気に入ってるね」



ひかりも多少は韓国語話せたからこれは分かったらしく


ひ「ですねㅋㅋ」


なんて言って笑った。












🐯「どうした?顔赤いじゃんㅎㅎ」



こんなことやられたら誰だって顔が赤くなるに決まってる





『さ!ご飯食べましょ!!』


話をそらし、何とか顔色を戻した。








🐯🐰ひあなた「『いただきまーす!!』」





もともと私たち二人で食べる予定だったご飯を4人で頬張る








🐯「あなたちゃんはさ、ユンギヒョン のどこが好きなの?」


『えっ...と、』


ユンギ という言葉にドキッとした。


『全部...です、声も顔も不器用なとこも全部全部、大好きです。
ラップだって、ダンスだってできて、きらきらアイドルのにステージから降りたらおじいちゃんみたいになる所とか、本当にギャップ萌えするところが沢山あって、その...本当に、全部好きなんです。』



🐯「ユンギヒョン のことになると早口なんだねㅋㅋ」


『そんな早口でしたか、ㅎㅎ』











『大好きなので、』