無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

🐀




🐯「ほんとに!?やったー!」


🐰「イルアミ!イルアミ!」










テヒョンが卓上にあるたくさんのご飯を見ている








忘れてた。









🐯「僕達も一緒にご飯食べていい?」









『え?』



🐰「ヒョン積極的ですねㅋㅋ」


🐯「だってお腹すいたんだもん」










『あ、ひかり、ご飯一緒に食べていい?だって』


ひ「え?ちょっと、え、まって」










『えーっt、』


ひ「ぜひ!」







ひかり、、、、🤦🏻‍♀️








やったー!なんて言いながら2人が

私たちの隣にズカズカ座ってくる。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



あなたちゃん 机 ひかり
テヒョン    机 グク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






🐯「2人とも、名前は?」








あなた、助けてって目でひかりがこっちを見てるから





『私は あなた です。、この子はひかり。』



って簡単な自己紹介をした。








🐰「あなたちゃん、ひかりちゃん、よろしくね」


ジョングクがカタコトの日本語でよろしくねって言ったことに私たちは最高に 〝萌えた〟













『よっ、よろしくお願いします。』


ひ「よろしくお願いします。」









🐯「いくつ?年下でしょ!」


『あ、そうですね、17です、高校2年生。』


🐯「かわいいー!!!」











え?











まって?










私、今




テヒョンに

























なでなでされてる?