無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🐀









『ユン...ギ...さん、助けて』















私の前に見えるのは







腕を広げて待つ 민윤기





たった1人の男性だけど




私にとってはすごく大切で、







なくてはならない人。












『おっぱ、、😭』


🐭「あなた、よく頑張った。偉い」









ユンギさんの胸に泣きつくと優しく抱きしめてくれた










気が付くと、もう誰もいなかった。




人気(ひとけ)のない寂しいトンネルを













私は涙を流しながら 1人で 歩いていた。