無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

🐀
あなた side







あんまり信じられないけど4人でご飯を食べて、楽しくお話して








っていっても 私 と テヒョン、ひかり と ジョングク 。


気が付いたらご飯は食べ終わってて





そろそろ夜も深けてきた。





『明日、朝早いですよね?そろそろ帰った方がいいんじゃ...』


ひ「そうですよね、私達も帰ろっか!」


『だね、』









少し寂しいけど帰り支度をして財布を出すと、その手をテヒョンにとめられた。








🐯「いいよ、楽しかったし僕たち払うよ!」


ひ「いや、それはさすがに申し訳ないので」


🐯「いいよな、グガ?」


🐰「もちろんですよ!!」


🐰「行くよ!」


『あ、ありがとうございます』










   15万ウォンです



『本当にいいんですか?』


🐯「うん!」





   ありがとうございました





🐯「ありがとうね!楽しかった!明日待ってるから!じゃあね!」


🐰「じゃあね!また明日!」








「『ありがとうございました!』」







『ねえひかり、これ夢だと思う?』


ひ「夢....じゃないと思う」









2人と別れた瞬間夢から覚めたような感覚がしたけど


















確かに私の髪は少し崩れていた。