無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🐀
あなた side





グテが目の前にいる。








状況が掴めない。







自分が誰か分からないくらいに興奮してる。




『ねえ、そぷは?』


ひ「悔しい、、いない」


『私たちってこういう時運ないよね』







何とか冷静を保つ。






ふぅ、、







『ひかり、私たちめちゃくちゃ見られてるよ』


ひ「まじ?え、てかBTSってこんな簡単に遭遇できるもんなの?え?」


『それな、どうしよ』


ひ「とりあえずご飯来るの待とう、とりあえず、、」






お待たせいたしましたー!





続々と料理が運ばれてくる。




お腹すいてたから沢山頼んだ。






『待って最悪』


ひ「あー、最悪。」












たくさん食べる女の子は嫌いだよね



絶対そうだ。デブだと思われる。












今まで頑張ってダイエットしてきたのに…











そんなことを考えていると誰かに話しかけられた。











???「すみません」