無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

103
2021/04/17

第5話

5話
モトキ
告白してるって、、、。
あなた

(ばれてたんだ...)

恥ずかしさで、顔が赤くなる。
モトキ
でもさ、人を好きになるのって相手に魅力を見つけたからでしょ。
あなたさんは人のいいところを敏感に感じ取れる子なんだなって思ってた。
そんなふうに言ってくれるなんて...。


優しすぎるよ...。
モトキ
それに傷つくことを怖がらないで、真っすぐに気持ちを伝えられるのは、すごいって思う。
ー心を包み込む言葉。 思わず涙があふれた。
モトキ
あなたさん、上見てみて
モトキ君の指の先に広がるのは―――――――綺麗な夕焼け
モトキ
俺さ...好きな人にこの夕焼けの下で気持ちを伝えたいと思ってた。
だから、ここに来た...。
え、もしかしてモトキ君、、、

この希望にかけてみよう。
あなた

私ねモトキ君の...気遣かってくれる優しさとか、笑った顔とか、、、
今日でいっぱい好きになった。
だから...私、私からも、好きでいていい...かな?