無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第7話
前野 遥香
……お父様、今まで散々好き勝手やってくれたみたいだけど……
「今 度 は 私 の 番 で す よ ??」








村人A
村長が死んだってさ……
村人B
えー…マジか……
村人C
まぁ、いい歳してたからな。
村人A
ちげーよ、誰かが殺したらしいぜ。
村人C
皆から嫌われてたしな……
当たり前だよな〜








……村長が死んだ。

誰かに殺されて___
前野 遥香
………
宮星 和樹
遥香、あんな奴に心を痛める必要も無いよ。
前野 遥香
うん、分かってる。
……自分の親が殺されたのに、とても落ち着いている……

そりゃ、暴力を振られてたわけだし……
当たり前か……
前野 遥香
和樹、これで私達の敵が減ったね ボソッ
宮星 和樹
……あぁ。
前野 遥香
ニコッ
確かに、心を痛めなくても良いって言ったけど……
前野 遥香
さーて!!
今日は何しますか??
キラキラ輝いて見える。

今日の遥香は一段と何かが変だ____
前野 遥香
和樹〜??
宮星 和樹
うわぁっ!!///
か、顔……近い……
前野 遥香
へへっ///
何〜??意識してるの??///
宮星 和樹
し、してないっ!!///
本当に……何かが変だ………

いつもなら、こんな事しないのに……
宮星 和樹
……とりあえず、ルートの確認を……
前野 遥香
あぁ、その事ならもう大丈夫だから。
ほら、地図だよ。
宮星 和樹
それ、何処で手に入れたんだ……??
前野 遥香
お父様が死ぬ前にくれたんだよ。
宮星 和樹
へ、へぇー……
村長って……優しい奴だったか??
地図を簡単にくれる奴か??
生贄を逃がすような真似はしない奴だったよな??

色々な疑問が出て来るが、遥香はそれを全て言いくるめてしまった。
前野 遥香
お父様って、ああ見えて“良い奴”だから。
宮星 和樹
……そう。
俺は、村長とは一緒に暮らしてないから村長はどんな奴なのか全く知らない。
宮星 和樹
……遥香、俺…ちょっと家に帰る。
前野 遥香
分かった、また明日ね!!




いつもは満面な笑顔なのに、今日は彼女の顔が笑っていなかった……

























前野 遥香
……そろそろ、薬が切れる頃かな??
『飲むと好きになってしまう薬』
前野 遥香
……これも私達“魔女”の繁殖の為!!
……仕方が無い事なんだよ……








next↪