無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

65
2021/07/15

第4話

スンチョル
えっと…まずは自己紹介したほうがいいのか…な?
You
あっ、えっとですね…
ジョンハン
あぁ…あなたには必要ないよw
スンチョル
どういうこと…?
ジョンハン
あなたは熱烈な僕らのファン。ちゃんと全員把握してるはずだよw
You
あ、えっとですね…お恥ずかしながらそうなのでございます…/
チャン
わぁ〜!嬉しいねヒョン!
ジス
それで…なんであなた?はここにいるの?
You
えっと…
ジョンハン
僕が連れてきたの
スニョン
それはどういった経緯で…?
ジョンハン
ナンパされてたの
You
あ、いやあのですね、ナンパじゃないです…
ジョンハン
あ、そうなの?
You
はいwえっと、それについてはまた話しますねw
ジョンハン
あぁ、んでまぁ僕が助けたの。
ソクミン
さすがですヒョン!
スンチョル
うん、そこまでは理解できたよ?でもなんでここにあなたがいるの?w
You
ごめんなさい夜遅くに…迷惑でしたよね…!すぐに帰るので!
スンチョル
違う!そっちじゃなくて!ジョンハンが女の子連れてきたことなかったから焦ったの!
You
あっ、そうなんですか…なんかすみません…でもほんとに迷惑になっちゃうので帰ります!
スングァン
ちょっとまって!少しだけ話聞いてて!
You
あ、はい…
ジョンハン
えっとね、みんなに紹介したかったから
ハンソル
なんでそう思ったの?
ジョンハン
あなたは僕たちに新しい何かをくれると思ったから
You
え…
ジョンハン
なんかねそうやって思ったの。だから連れてきた。
You
みなさんってそのままなんですねw
ジス
どういうこと?
You
だって、テレビに出てるときとここで話してるときの話し方が一緒なんですもんw
スニョン
え、ほんと?あんまり意識してなかったw












私の推しはテレビの中でも普段でも




とてもいい人たちだった。



















Next