無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

60
2021/07/20

第8話









































え…?なにを言っているんだこの人は。
You
なにを言っているんだこの人は
ソクミン
しっかり聞こえてますよ〜♪
You
え?今言ってましたか…?
スニョン
うんバッチリ
You
な、なんという失態…
You
っていうか!これはいいんです!
なんなんですか!私が1番近くで応援する!?そんなの…嬉しすぎるに決まってるじゃないですか!
ジュンフィ
ってことは、一緒に住んでくれるってことでいいの?
You
私は構いませんが…みなさんは本当にいいんですか…?
チャン
もちろん!
You
あ!
ミンギュ
何かを思いついたような顔してるけどなにかあった?
You
私、家事やりたいです!家事だけは得意なんです!
やらせてください!
スングァン
それじゃ、家事はあなたにお願いして…
ジス
契約成立かな?
You
ということは…私の荷物を家から持ってくるのと、ここのおうちに私分のお部屋ありますか?
ジョンハン
ないよ☺
ジュンフィ
何言ってるのヒョン。あるじゃん空いてる部屋
ジス
な、ないよ…な?むんじゅに。ないんだよ…☺
ジュンフィ
あっ、あぁ〜…な、ないよね〜この前使っちゃったもんね〜あらら…残念だね…
You
えっ…










どうしよう…私がもっている大量のグッズたちをどうやって隠せばいいんだ…?
You
あの、クローゼットでも押し入れでもロフトでもどこでもいいので本当にどこでもいいので、1部分だけスペースを貸していただけないでしょうか…
スンチョル
もうさ、あなたが家で家事すること決まってるんだからバレるのは時間の問題だよ?
今のうちに言っておけば?
ジョンハン
はぁ…
ソクミン
まぁまぁ…
まぁ、部屋案内するね!荷物はもうすぐ届くと思うから!
You
え、あ、はい…?




















Next