無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

no.8







カタ…




『っごちそうさま、でした』



看護師)今日はよく食べたね!



『ちょっと、いっぱい食べちゃいました。笑』



最近は手術のために一生懸命治療をして、いっぱい食べてる。



看護師)あなたちゃん最近頑張ってるね。



『…え?』



看護師)拓哉くんのため?



『っなんで、それ…』



看護師)ナースステーションで話題になっててね…



『っ室さんが、言ったんだ…』



室さん。もう信用しない。
口硬いと思ってたのに…



看護師)そこまで事情はわかんないけどさ、元気になって、拓哉くんといっぱいラブラブしなさい。笑 病院でイチャラブは禁止だからね??



『…ふふ、はい。笑』



イチャラブ禁止って…


























「あなたー」



『拓哉、』



今日も拓哉が来てくれた。



「今日は…じゃん!」



『え、??』



バンっと出してきたのは観光雑誌。



『…テーマパーク、特集?』



「おん!あなたが元気になって退院したらどっか行きたいなーって。ユニバでもディズニーでも。どこへでも」



『っ…ふふっ笑笑。そうだね、行きたいっ』



「こことかさー、面白そうやない?」



雑誌を開いて笑顔でいろいろ言ってくれる拓哉。

…やっぱり……



『…』



「…あなた?」



『…好き。』



「え、…」



『あぁっ、聞かなかったことにして!』



やっちゃった…
口に出てたみたい、無意識に。



「聞かへんかったことにはしぃひん。…俺だって、大好きやもん。」



『っ…うぅ、』



「キス、しても…ええ?」



『…ぅ、ん……』



いちいち聞いてくるのはずるいと思う。
ゆっくりと、優しく、音を立てずに重なった唇。


この時間がしあわせで、……幸せすぎて。






「ちゅ、……んふふ、」



『えへ、、ここ病院だよ?笑』



「そんなん、俺には関係ないもん。」



「『あはははっ笑笑』」

































看護師)まったくイチャラブすんなって言ったのに…。笑