無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

no.9




あれからいろいろあって、今日は…





母)あなた、頑張ってね。



「元気になって、戻ってくるんやで」



手術の日。



『…うん。いってくる』



握られた拓哉の手をぎゅっと握り返して、
私は手術室に運ばれていった。



































先生)…



母)先生っ



先生)手術は、成功しました。



成功…したんや。
よかった…



先生)ですが大量の出血があり、非常に危険な状態です。



母)あなたは、、あなたは大丈夫なんですよね?



先生)はい。最前は尽くしましたので。







危険な状態って?

でも手術は成功したんやろ?

あなたは、…元気になるんやろ?














母)拓哉くん、今日は帰りなさい。お母さんも心配するから。



「…はい。」



母)あなたになんかあったら連絡するわね。






























帰り道も、何も考えられなかった。




「…あなたと、よく来たな…」



通り道の公園に立ち寄ってブランコに腰掛ける。






「あなた…絶対、目覚まして、、?



また、デートしようや…」





思い出を思い返すだけで涙が溢れてきて。








「…おれだけやし……泣いてもええよな。」









公園のブランコでひとりで、静かに泣いた。