無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話











『…拓哉。』





「ずっと、傍におるから……」





『絶対…だからね、?』





「…ん。約束や。」


















指切りをして、キスをして。















空気の入れ替えで開いていた窓から吹く風で
カーテンが揺れる病室……______