無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

no.11



手術から何週間かして。

懸命なリハビリによって、私は退院の日を迎えた。








美咲)あなたちゃん退院しちゃうの〜?



ゆず)もっといっぱい遊びたかった〜



『美咲ちゃんもゆずちゃんも元気になって、そしたらいっぱい遊ぼーね!』



ゆず)わたし、がんばるね!



美咲)みさきもっ



「あなた〜、あ、いた。」



『拓哉。笑』



私を探してたみたい。
そしたら私の元に駆け寄ってきて。



美咲)あなたちゃん、そのお兄ちゃんだれ?



『えーっと、…』



これ、言ったほうがいいの?
迷っていると後ろから、



室)あなたちゃんの彼氏、やで?



『っ室さん!?』



「!?」



ゆず)あなたちゃんのかれしなの?



美咲)けっこんするの?



『っ結婚は…まだ、かな?』



「っ…あなた、そろそろ行くで?」



恥ずかしがりながらも時間が来てしまったようで。





『…うんっ。美咲ちゃんもゆずちゃんも、次会うときは元気になってから、ね!』



美咲)うん!バイバイ!



ゆず)バイバイ!!




美咲ちゃんとゆずちゃんともお別れ。
寂しくなるなぁ…








「…なぁあなた。」



『ん?』



「室さん、、老けたな。笑」



『ふふっ、笑笑そうだよね。笑』




















先生)あなたちゃん、退院おめでとう。



看護師)おめでとう!



『ありがとうございますっ』



看護師)退院したから、もういつでも拓哉くんとイチャラブしていいからね?



『ちょ、それはいいんですよ、!』



看護師)ふふっ、笑。じょーだんよ。



『今まで、ありがとうございました!』



先生)バイバーイ!










病院ともお別れ。

寂しい気持ちもあるけど、やっぱり嬉しくて。















笑顔で病院を後にした。