無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

👀
ユノ
ユノ
オッパー!!!
ジミン
ジミン
おっやっと来たかユノ
ジミン
ジミン
あなたちゃんもこんにちは
you
you
こんにちは〜



二人は車の中でもイチャイチャしている
you
you
(ぐくさんぐくさんほんとにこれ自分きて良かったやつですか?)
ジョングク
ジョングク
(うん大丈夫だよ)
ジョングク
ジョングク
僕的にはおおいに💭



そうこうしているといつのまにか事務所に着いていた





私とユノは邪魔にならないように隅っこで二人を見ていた
ユノ
ユノ
(やっぱりオッパカッコいい♡)





 
飽きた






私は見るものもないしまず見れないし
you
you
ユノ私飲み物買ってくるね
だめだ聞こえてないなこれはまーいいやすぐそこだし
you
you
はーほんとにユノったらどうやったらああなるの
スタッフ
スタッフ
ねー君かわいいね
you
you
なんですか
スタッフ
スタッフ
一緒に来てよ
you
you
すみません用があるので
スタッフ
スタッフ
でも君ここのスタッフじゃないよね
you
you
…
スタッフ
スタッフ
やっぱり
スタッフ
スタッフ
ほら来て


そう言われて腕を引っ張られる  
誰かわからない人から腕を引っ張られるのは正直とても怖い声が出ない〝誰か助けて〟
ジョングク
ジョングク
あの僕の連れに何か用ですか
スタッフ
スタッフ
ぐっぐく君!?
スタッフ
スタッフ
きみのつれかい?
スタッフ
スタッフ
いやー迷子になってそうだったから案内しようと思って
you
you
(嘘ばっかり)
ジョングク
ジョングク
もう大丈夫なのでその腕離してもらっても?
スタッフ
スタッフ
あっあーごめんねー



そう言って男の人は足早に逃げていった





ギュッ
you
you
ぐっくくさん!?
ジョングク
ジョングク
黙ってて
ジョングク
ジョングク
僕は怒ってるんだよ
you
you
どうしてですか?
ジョングク
ジョングク
何で声出さないの?助けを求めないの?
you
you
すみません声が出なくて
ジョングク
ジョングク
いい?約束して今度からは僕を呼んでちゃんと
you
you
わかりました//////



そう言って数分はグクさんが私を抱きしめていた