無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

👀
〜本番〜
ユノ
ユノ
あなたホントに大丈夫?
you
you
多分...
ユノ
ユノ
危ないと思ったらすぐ辞めるんだよわかった!
you
you
わかった
スタッフ
スタッフ
本番3秒前〜3、2、カチ
司会者
司会者
あなたさんどうですか?
you
you
多分大丈夫です頑張ります
司会者
司会者
おっここで新しい情報が
司会者
司会者
何とあなたさんは目が見えないとか
司会者
司会者
大丈夫ですか?
you
you
頑張ります!
BTS
BTS
あなたちゃん頑張って







コクッ( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン









音楽が流れ始める










音楽が流れているあいだ誰一人として言葉を発さなかった










目が見えない私にとってその反応が1番怖かった










そんなことを考えながら踊り終えると周りから拍手の音が響き渡った






司会者
司会者
あなたさん凄いですね
司会者
司会者
声も出ませんでした
you
you
ありがとうごぞいます⁄(⁄ ⁄•⁄ω⁄•⁄ ⁄)⁄テレテレ
司会者
司会者
ホントに見えてないですよね
you
you
はっはい
JHOPE
JHOPE
お疲れ様あなたちゃん
ジョングク
ジョングク
良すぎて顎が外れるかと思ったw
you
you
ありがとうございます(*´ω`*)
BTS
BTS
カッかわいい💭






そうして話が続き










いつの間にか撮影が終わっていた
司会者
司会者
いやーホントに凄かったよあなたさん
you
you
ありがとうございます
v
v
そうだ今度事務所来てよ





えっまてまてまてあって数時間の女を事務所に連れて行っていいのか?







ジョングク
ジョングク
そうですよ来てあなたちゃん
ジョングク
ジョングク
ねーいいでしょヒョン達
RM
RM
ひとまず事務所に聞くよ
RM
RM
あなたちゃん連絡先教えて
you
you
あっはい





なんか私抜きでどんどん話が進んで言ってるんですけど!?










てか何か後ろから視線を感じるような...