無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

👀
いきなりですがキム・あなた目が見えません











見えなくなったのは最近だけどそれでも日々楽しんでいます  









それにしても学校に行く道のり遠すぎ
めちゃくちゃ疲れた










ユノ
ユノ
おはよーあなた
you
you
おはよーユノ










ユノは私の一番の友達
私の目が見えなくなった時もずっとそばにいてくれた









ユノ
ユノ
そういえば今日学校に有名人来るらしいよ
you
you
そうなんだ誰来るんだよーね









私はこれでも目が見えなくなる前事務所に所属
していた
目が見えなくなってからやめたけど 











でも正直練習生時代仲良かった子に会えるかなーとちょっと期待した










ユノ
ユノ
来たみたい
廊下に出てみない?
you
you
いいよでよでよ












キャーーーーーーー





すごい歓声一体誰が来たの






ドンッ





you
you
痛った






するとふわっとたらだが浮かぶ









ジョングク
ジョングク
大丈夫ですか?
you
you
すみませんありがとうございます
目が見えないもので
ジョングク
ジョングク
歩くのが大変でしょ
教室まで送るよ
you
you
いっいえ大丈夫です友達もいるので
ジョングク
ジョングク
そう?
じゃーきおつけて








そう言って離れていく音がした










ユノ
ユノ
あなた大丈夫
ユノ
ユノ
疲れたなら戻ろう
you
you
ありがとー
でももうちょっと大丈夫だよ
you
you
さっき私を助けた人は誰なんだろう💭







わからないまま歓声が鳴る方へ歩いていく










BTS
BTS
バン、タン、〜








そこで初めて来ていたのはBTSなんだと気づく







you
you
なんだBTSかー💭
you
you
来るならBlackpinkとかが良かったな💭
ユノ
ユノ
あー今絶対失礼なこと思ってるでしょ

 




   ギクッ






ユノ
ユノ
あーほら今ギクッてなった
you
you
そういうユノも思ってたでしょ失礼なこと







実はユノも練習生だった
でも私が辞める時に一緒に辞めてくれて今一緒にいてくれてる










こんなに幸せでいいものかと思いながら
チャイムがなったので教室に帰る








next→