無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

👀
〜次の日〜





はーやっと落ち着ける...はずもなく









色んな人から





「ぐくどうだったー」とか






「教え方とかどう」とかしか聞かれない









ユノ
ユノ
ちょっとみんないきなり何
ユノ
ユノ
さーちったちった
you
you
ありがとユノ
ユノ
ユノ
いいのいいの
ユノのおかげでまた元の日常に戻ると思ってた









ドサッ






you
you
痛ったー
モブ3
モブ3
すいませ〜ん大丈夫ですか〜?
you
you
こちらこそすみません
モブ1
モブ1
ほら〜この子目が見えないんだから気おつけなきゃ〜www






何こいつらわざと足かけて転けさせたっていうの




you
you
(クソだな)
モブ3
モブ3
はっ今なんて言った
you
you
いや〜クソだなって
モブ1
モブ1
おいお前いい気になってんじゃねーぞ
you
you
いい気になった記憶はないんですが
モブ1
モブ1
ハッ生意気な口聞きやがって
モブ3
モブ3
そんな口聞いた事今に後悔するから








そう言って2人は足早に私から離れていった