無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

👀





私は足の力が抜けその場に座ってしまう
RM
RM
だっ大丈夫?
you
you
はい大丈夫です


あれ大丈夫なはずなのに立てない
ジョングク
ジョングク
そういう時は強がるんじゃなくて頼るだよ



すると目から涙が出てくるのがわかる
you
you
怖かったよ〜泣
ジョングク
ジョングク
うん大丈夫大丈夫
グクさんは優しく私の背中を叩きながらギュッと抱きしめてくれた









泣いたのは久しぶりだった
目が見えなくなった時でも強がって泣かなかった



ガチャ 






そこえユノが帰ってくる





ユノ
ユノ
あなたやっと泣けたんだね



と言い一緒に二人で泣いた







BTSの皆さんは私達が泣き止むまで静かに待ってくれた
シュガ
シュガ
お前らもう遅いし送って返すよ
you
you
そんないいのに
ジョングク
ジョングク
ここは甘えてよ(^ ^)
you
you
あっありがとうございます///////
ジミン
ジミン
あの僕から報告したいことが
ジン
ジン
何だ?
ジミン
ジミン
僕ユノさんと付き合うことになりました
ユノ
ユノ
/////////
you
you
良かったじゃんユノ
ユノ
ユノ
うん
RM
RM
付き合うことは構わないだかジミンわかってるんだろうな




いきなりナムさんの顔がリーダーの顔になる




ジミン
ジミン
ヒョン分かっています
RM
RM
ならいい





そしていつもの顔に戻る