無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

2
川西さんの財布を拾ってしまった
どうしたらいいか分からず悩んだ末に出待ちの所で待ってみることにした
あなた

(来ないなぁ。そんな簡単には無理だよね。
川西さん財布探してるのかな)

その後も待ってみたけど川西さんが現れる気配は全くない。
あなた

どうしよう、他の方法考えた方がいいよね?
いい方法あるかな……
あっ、

その時頭に浮かんだのはSNSのDMだった。
一か八か川西さんに送ってみた
あなた

これで来なかったら帰りに交番に届けよう

うちはメッセージに送った場所まで移動して待った
しばらくして…
???
あの…
あなた

(°д°)
はい。

そこにいたのは川西さんだった
川西 賢志郎
川西 賢志郎
メッセージくれた人ですか?
あなた

はい、そうです。
これどうぞ。

川西 賢志郎
川西 賢志郎
ありがとう!!!
めっちゃ探しててん!!!
あなた

良かったです
多分さっきぶっかった時に落としたんかなと

川西 賢志郎
川西 賢志郎
あの時の子か!!!
さっきはごめんな
あなた

いえいえ、全然!!!

覚えてくれてる??笑
川西 賢志郎
川西 賢志郎
ほんまにありがとな!!!
あなた

こちらこそ返すの遅くなってすみません。
ちゃんと届けれて良かったです!
それじゃあ、お仕事頑張ってください!!!
応援してます!!!

川西 賢志郎
川西 賢志郎
ありがとう!!!
あなた

では

川西 賢志郎
川西 賢志郎
あ、待って!!!
あなた

!?!?

川西 賢志郎
川西 賢志郎
お礼したいねんけど一緒にお昼とか行かへん?
あなた

え、、?私とですか?

川西 賢志郎
川西 賢志郎
まぁお財布届けてくれたお礼に
あなた

いや、それは遠慮しときます。
川西さんの貴重なお時間を私のためになんて

川西 賢志郎
川西 賢志郎
いいからいいから、おすすめのお店があるねん
川西さんはうちの手を引っ張った