無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3
今うちは川西さんに手を引っ張られて歩いてる。
これはきっと夢だよね笑
あなた

あ、あの川西さん。
どこまで行くんですか??

川西 賢志郎
川西 賢志郎
もうちょっとやから…
あなた

やっぱりうちやめ…

川西 賢志郎
川西 賢志郎
着いたで!!!
あなた

え、!? (ふふっ

うちは思わず笑ってしまった
だって…
川西 賢志郎
川西 賢志郎
え、何で笑ったんよ
俺おすすめの串カツ屋やで!!!
あなた

あははっ(≧∇≦)

うちはどうしても笑いを抑えられなかった
川西 賢志郎
川西 賢志郎
めっちゃ笑うやん
あなた

すみません。でも川西さんって串カツ好きなんですね( ´艸`)
何か意外で、もっとオシャレなお店かと思ってたんで

川西 賢志郎
川西 賢志郎
嫌やった?
オシャレなお店も知ってるっちゃ知ってるけど
あなた

いえ、川西さんのおすすめの串カツ食べたいです!!!

川西 賢志郎
川西 賢志郎
おお!!!ほんま??
よっしゃ、じゃあ入ろか!!!
あなた

はい!!!

凄くいい感じのお店だった